ポケモン再起動

歴代ポケモンシリーズ再走の記録。

インターネット大会 バトルレジェンド

歴代ポケモンシリーズ再走の記録=ポケモン再起動。

今回は前回の記事で少し触れた先週末に行われていた公式のインターネット大会についてちょっと書いていきたいと思います。

 f:id:pkmn-reboot:20201016090112j:image

 公式の大会はダブルが主流。

 

以前からずっと公式のインターネット大会は開催されていましたが、いつも参加賞狙いのエントリーしかしたことが無く規定数だけ対戦したら即撤退って感じでした。

何となく難しそうな印象があり敬遠していたダブルに初挑戦でしたが、面白さにも少し触れられたような気がします。

普段はシングルしかやらないので、この大会のレギュレーションに合わせたダブル用のPTを準備する期間も必要で、ランクバトルそっちのけで二週間くらい構築や育成、更にはちょっとだけ練習までしちゃったりして本番に臨みました。

 

f:id:pkmn-reboot:20201025103910j:image

なるべく運用をシンプルにしたつもり。

 

バトルレジェンドと題された今大会のレギュレーションで一番特徴的な点は、本来ランクバトルで使用する事が出来ない伝説・幻のポケモンを1体だけPTに入れる事が出来るという点です。

ちなみに第八世代で伝説・幻のポケモンを使用できる大会は今回がお初でした。

冠の雪原配信直前だったので解禁されている過去作の伝説・幻のポケモンについては交換を除けば過去作をプレイしているトレーナーがHOME経由で過去作から連れてくるしか方法が無いので、第八世代しかプレイしていないトレーナーはザシアン・ザマゼンタ・ムゲンダイナの三択になり、ここが多くなるのはわかる。

色々と下調べをしていく中でも一番抑えなきゃいけないのはとにかく強いと言われていたザシアン。

コイツに勝てるポケモンを厚めにすることは必須と読む。

 

レシラム

軸として選んだ伝説枠、BWからHOME経由で連れて来た。10年前に捕まえたポケモンが王冠やミントなどの力を借りて蘇るとは、何と感慨深い事か。

エルフーン

孵化厳選中に色違いが出たのは嬉しかった。追い風でサポートしたり後攻の尻尾をすり替えたりSを操作する役目。

フシギバナ

今シーズンのランクバトルでは使用禁止となっているが、この大会では使用可能。晴れ下DMアタッカー裏選出での運用、何故か通常個体。

キュウコン

晴れ起動要員、天候の取り合い以外にもこちらがどうしようもない状況に陥ってしまった時に上から催眠術を当てる事が出来れば最後まで勝負をわからなくしてくれた。

バンバドロ

主にトリルと相手のリザードンを読んだ時に選出。DM時の耐久力で貼られたトリルを枯らす動きがとても強かった。

ウォッシュロトム

砂パのドリュウズや相手のダイジェットからの引き先。サイドチェンジに手助けとダブルならでは動きで上手く動けた時のサポート性能は非常に高かった。

 

3日間通してPTは固定され変更不可なので、対戦を重ねていく中で思っていた事を振り返りながらちょっとだけ書き残しておく。

 

表選出は追い風レシラム、裏が晴れパ。

エルフーンの技構成を変化技のみにしていたが、そのせいで詰んで降参した対戦は無くて良かった。

一番出番が少なかったのは挑発かな、ムーンフォースにしておいても良かったかも。

火力を欲張ってレシラムの持ち物を拘りメガネにしてしまったのでオーバーキル気味な上、技を選べなくなって窮屈に感じる局面がしばしば、HP削れるのを嫌っての選択だったけど多分命の珠で十分だった。

技の打ち分けや命中不安回避の為にほとんどレシラムにDMを切ってしまうので、フシギバナの弱点保険が上手く発動させられなくなってしまう事が多かったのは練習の段階から想像力足りてなかったなぁと思った反省点、つーか何でキョダイ個体じゃなかったんだろ、相手の襷とか潰せるし絶対ベンタツでしょ、ダイソウゲンいらねーです。

局所対応パーツとして添えていたバンバドロロトムは選出した際には予想以上の働きをしてくれた。

 

f:id:pkmn-reboot:20201025103942j:image

46315人中、2863位で合ってるはず。

 

3日間で41/45戦も対戦出来ました。

レート1600チャレンジも1回だけありましたが残念ながら勝てず届きませんでした、次の目標にしたいと思っています。

初めて挑戦したダブルが思った以上に楽しめたので、今後はダブルもできる時にはやっていきたいなってちょっと考えてます。

 

 

【今週のじゅんくんさん】

冠の雪原が配信されました、時間を見つけてはチマチマとプレイしています。次シーズンのレギュレーションや次のインターネット大会の日程も決まったので構築とかも考えたりしながらお祭りを楽しみたいと思います。

Nintendo Switch Lite グレー

Nintendo Switch Lite グレー

  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: Video Game